水巻町(福岡県) 公共交通体系の検討・見直し

プロジェクト概要

地域公共交通計画の策定

令和2年度に実施した町内の公共交通体系の現状、ニーズ調査。令和3年度からの町内の交通事業者の方々を交えた公共交通等のあり方に関する勉強会で示された今後の町の公共交通等の『あるべき姿』を実現し、持続可能な公共交通網を形成するための地域公共交通計画の策定を行います。

プロジェクト発足背景や地域課題

地域の足の確保に向けて

町内全域を走る公共交通としてゆめあいバスが無償運行していますが、福祉バスであるため、利用対象者が60歳以上の高齢者等になっており、限定的な層のみ利用可能となっています。また、昨今は免許返納者も増加しており、自家用車を持たない層が増加傾向であるため町民の足の確保は町の大きな課題の一つでした。

令和2年度に実施した住民アンケートから、利用者負担が生じても全員が乗車できる公共交通を望む声が多数あったことなども含め、持続可能な公共交通網の形成のため、地域公共交通計画を策定、町内全体の公共交通等の抜本的な見直しをすすめていきます。

寄附企業と取り組みたいこと

「このせまさにちょうどいい」公共交通を!

デマンド交通など、様々な他市町村での実施事例の検証・分析を行い、水巻町に真に必要な新公共交通施策を展開することで、だれもが利用でき、便利になったと言ってもらえる公共交通網を構築・維持していきたいと考えています。

プロジェクトの目標金額

プロジェクトの
目標金額
1,000,000

寄附のお申し込みには「寄附申出書」のご提出が必要になります。必要事項をご記入のうえ「寄附を申し込む」を押してください。

寄附を申し込む

※ 事前に顧問税理士に寄附可能金額をご確認のうえ、お申し込みください。

プロジェクトを立ち上げている地方公共団体 Municipality

水巻町(福岡県)

住みよき水巻

県内2大都市の1つ、北九州市に隣接したコンパクトなベットタウンで、町内にJR鹿児島本線・JR筑豊本線の2つJRの駅が存在しつつ、もう一つの大都市、福岡市へとまっすぐ走る国道3号線も町の中心を通るなど、大都市へのアクセスは抜群です。
またコ...

「企業版ふるさと納税」制度を活用して、法人関係税の軽減効果のほか、地域貢献と企業PRに役立ててみませんか?

令和2年度の大幅な税制改正で関心が高まり、企業版ふるさと納税を活用する企業は年々増えています。法人関係税の軽減効果だけではなく、地域社会の新たな活力と地方公共団体との関係構築のきっかけに、ぜひ本ポータルサイトをご利用ください。