小郡市(福岡県) ご当地ラーメン開発プロジェクト

プロジェクト概要

本市は、鴨の飛来地として有名で、江戸時代から鴨猟が盛んに行われ、久留米藩から将軍様への献上品としても納められてきました。しかし、住宅団地の開発により狩場である雑木林が減少し、猟師も激減しています。また、以前は飲食店のみならず、一般の家庭でも天然鴨が食されていましたが、今では天然鴨料理が食べられる飲食店は、市内で三店舗のみとなっています。
そこで、令和4年度の市制施行50周年を機に、小郡市と結び付きが強い“鴨”を活用し、食文化の継承や新たな特産品開発などに取り組む「鴨のまちプロジェクト」を立ち上げました。本プロジェクトの取組として、鴨だしラーメンを開発し、シティプロモーションや商工業の振興につなげることを目指すにあたり、企業版ふるさと納税の活用が必要と判断し、寄付金を募集しています。

プロジェクト発足背景や地域課題

小郡の鴨は“陸ガモ”と言われ、青米などの穀物をたっぷり食べていることから、コクがありまろやかで、臭みがないのが特徴です。「小郡の鴨を取り巻く食文化」は、令和4年3月に世代を超えて受け継がれ、長く地域で愛されてきた食文化として、文化庁に「100年フード」として認定されました。
しかしながら、小郡で捕獲される天然の鴨は、流通量が少なく、猟期も限られているため、ラーメンの材料に使用することは難しいという実情があります。そのため、市内にある鴨料理専門店「料亭 さとう別荘」に味の監修を依頼し、天然鴨の風味を再現しようと考えています。
また、ラーメンの開発・製造はOEMで生産することになりますが、麺には福岡県がラーメン用に開発した“ラー麦”を使用することで、ふるさと納税の返礼品としての活用も考えています。

寄附企業と取り組みたいこと

鴨のまちプロジェクトでは、前述したとおり食文化の継承や新たな特産品開発のほか、将来的には鴨猟師を増やしていくための人材育成や鴨肉処理場の整備などにもつなげていきたいと考えていますが、まずは“鴨のまち小郡”が市内外に広く認知されなければなりません。仙台市の牛タンのように、小郡と言えば鴨と言われるようになるには、様々なツールで情報発信に取り組む必要があります。
令和4年度から始めた鴨のまちプロジェクトでは、まだまだ“鴨のまち小郡”の認知度が十分とは言えません。小郡市が鴨料理店や鴨グッズで溢れる賑わいのあるまちになるように、情報発信と財源確保にご理解とご協力をお願いします。

独自特典

10万円以上の寄附 ・市HPへの企業名、企業ロゴ、企業HPリンクを掲載
・市SNSで寄附いただいた旨を発信
・市広報紙へ企業名を掲載
・感謝状を贈呈
30万円以上の寄附 ・「10万円以上の寄附」の特典
・感謝状贈呈式を開催(地元報道機関へのプレスリリースあり)
・市長との意見交換の場を設定
プロジェクトの目標金額

プロジェクトの
目標金額
838,000

寄附のお申し込みには「寄附申出書」のご提出が必要になります。必要事項をご記入のうえ「寄附を申し込む」を押してください。

寄附を申し込む

※ 事前に顧問税理士に寄附可能金額をご確認のうえ、お申し込みください。

プロジェクトを立ち上げている地方公共団体 Municipality

小郡市(福岡県)

人がつながり 市民が躍動する温かみのある都市 おごおり

小郡市は、福岡県の南部、筑紫平野の北、佐賀県との県境に位置し、市の中央部を南北に貫流する宝満川を挟んで、西側に住宅地帯、東側に田園地帯が広がっています。
小郡市の歴史は古く、縄文期以降の三沢遺跡、花立山古墳をはじめとして数多くの遺跡、古墳...

「企業版ふるさと納税」制度を活用して、法人関係税の軽減効果のほか、地域貢献と企業PRに役立ててみませんか?

令和2年度の大幅な税制改正で関心が高まり、企業版ふるさと納税を活用する企業は年々増えています。法人関係税の軽減効果だけではなく、地域社会の新たな活力と地方公共団体との関係構築のきっかけに、ぜひ本ポータルサイトをご利用ください。