うきは市 (福岡県) うきはラグビータウンプロジェクト

プロジェクト概要

ラグビーを通じてうきは市の活性化

2022年春、ラグビーの伝統が静かに息づくうきはの地に、地域完全密着型のチーム「ルリーロ福岡」が誕生しました。ラグビーチームとして最高峰であるリーグワンを目指しながら、選手はうきは市に生活基盤を移し、地域産業の担い手として市内で働くなど、地域の活性化に取り組んでいます。うきはラグビータウンプロジェクトは、スポーツチームの新たなあり方を追及するルリーロ福岡の活動を通じて、うきは市の社会問題の解決にむけて、取り組みを進めています。

プロジェクト発足背景や地域課題

ルリーロ福岡がうきは市にもたらす変化

ラグビートップチームが競うフォーマットが「リーグワン」として刷新され、日本ラグビー界は新たな一歩を踏み出しました。しかし九州では、チームの活動縮小やリーグの撤退などにより、多くの選手が岐路に立たされていました。ルリーロ福岡には、まだまだ九州でトップレベルのプレーをしたいと願う選手が集いました。
一方で、うきは市は少子高齢化や過疎化が進み、地元企業の人手不足が深刻化しています。ルリーロ福岡は、九州でプレーを続けたい選手が集い、地元企業で働くことにより、人手不足の解消に寄与しています。
また、うきは市内で唯一の高校である浮羽究真館高校とも連帯し、ラグビーを通じた人材育成を推進しています。

寄附企業と取り組みたいこと

ルリーロ福岡のリーグワン昇格を目指して

うきは市においてラグビーは、30年近い歴史のある小・中学生のクラブチームがあり、浮羽究真館高校ラグビー部が県大会に出場するなど、欠かすことのできないスポーツです。そのラグビーを通じて、うきは市内の活性化と社会問題の解決を図るのがうきはラグビータウンプロジェクトです。ラグビーの最高峰であるリーグワンを目指しているルリーロ福岡は、2022年から九州トップリーグに参入し、参入1年目で見事優勝を飾るなど、着実に歩みを進めています。しかしながら、地域密着型のチームであるため経営基盤はまだまだ脆く、チームが使用する専用グランド等もありません。安定した経営基盤の確立や、専用グラウンド等の確保にむけて、企業の皆様のご支援をお願いいたします。

独自特典

10万円以上の寄附 ・感謝状送付、広報誌・HP掲載
100万円以上の寄附 ・感謝状授与式の開催とマスコミへのPR
(市長からの直接授与)

企業からの応援コメント

  • 株式会社 済々社中様
    からの応援コメント

プロジェクトの目標金額

プロジェクトの
目標金額
100,000,000

寄附のお申し込みには「寄附申出書」のご提出が必要になります。必要事項をご記入のうえ「寄附を申し込む」を押してください。

寄附を申し込む

※ 事前に顧問税理士に寄附可能金額をご確認のうえ、お申し込みください。

プロジェクトを立ち上げている地方公共団体 Municipality

うきは市 (福岡県)

うきはの「ラグビー愛」が、日本一熱いまちを創る

うきは市は福岡県の南東部に位置し、筑後平野が見渡せる耳納山と筑後川に挟まれた平野のある自然豊かな土地です。その豊かな土地を活用し、柿をはじめ、桃やぶどう、なしやイチゴなどのフルーツの栽培が盛んで、一年中フルーツの収穫が可能であるため、「フル...

「企業版ふるさと納税」制度を活用して、法人関係税の軽減効果のほか、地域貢献と企業PRに役立ててみませんか?

令和2年度の大幅な税制改正で関心が高まり、企業版ふるさと納税を活用する企業は年々増えています。法人関係税の軽減効果だけではなく、地域社会の新たな活力と地方公共団体との関係構築のきっかけに、ぜひ本ポータルサイトをご利用ください。