小郡市(福岡県) 小郡市まち・ひと・しごと創生プロジェクト

プロジェクト概要

小郡市まち・ひと・しごと創生事業に活用します

小郡市は、福岡県の南部、筑紫平野の北、佐賀県との県境に位置する市です。鉄道が2線あり、また、九州を縦横断する高速道路がクロスする鳥栖インターチェンジが近接するなど、交通利便性に恵まれています。
この交通利便性の良さを生かし、小郡市では、物流業をはじめとした様々な企業が集積する工業団地を整備してきました。また、市内在住者の約70%が福岡市を中心とした他市町村で就業するなど、福岡都市圏のベッドタウンとして発展してきています。
これまで出生数減と死亡数増による自然減の状態でありながら、大規模な住宅開発事業による転入超過により、人口が増加してきましたが、近年、転入超過は縮小傾向にある一方で、本市内の雇用の機会確保が十分でないこともあり、進学・就職に伴う若年層の転出超過は拡大傾向にあります。
本プロジェクトでは、出産・子育て環境の更なる充実、若い世代の転出抑制、市内における雇用の場の確保等により、小郡市の強みである転入超過を維持しながら人口の自然増・社会増につなげていきます。そして、小郡市の魅力を高めながら、今後とも住み続けたいと思えるまちづくりを進めていきます。

プロジェクト発足背景や地域課題

小郡市はこれまで出生数減と死亡数増による自然減の状態でありながら、大規模な住宅開発事業による転入超過により、人口が増加してきましたが、近年、転入超過は縮小傾向にある一方で、本市内の雇用の機会確保が十分でないこともあり、進学・就職に伴う若年層の転出超過は拡大傾向にあります。
このままの人口動態が続くと、やがて本格的な人口減少局面に入っていき、雇用の場の減少、地域を支える若者世代の減少、税収の減少といった課題が生じます。
人口増加の鈍化傾向を改善し、好循環を確立していくためには、市が一丸となって様々な施策に取り組み、市の魅力を高めていく必要があります。

寄附企業と取り組みたいこと

小郡市では、以下4つの事業を軸に、まちづくりを進めています。

1 地方における安定した雇用を創出する事業
地産地消の推進、産地銘柄の確立と6次産業化の促進、交通利便性を生かした企業誘致の推進、市内商業の活性化等、市内における雇用の場を創出する事業

2 小郡市への新しい人の流れをつくる事業
市の魅力発信強化、「七夕ブランド」を生かした観光振興、民間住宅開発の推進、空き家の利活用、文化・スポーツ振興による交流人口の増加等、小郡市への新しい人の流れをつくる事業

3 結婚・出産・子育ての希望をかなえる事業
医療体制・母子保健事業の充実、待機児童解消のための保育士確保の取組、小規模校の魅力化プロジェクト等、結婚・出産・子育ての希望をかなえることに資する事業

4 時代に合った地域をつくり、安心な暮らしを守るとともに、地域と地域を連携する事業地域に関わる多様な主体への支援、新しい公共交通網の形成、防災・減災の取組強化、高齢者健康づくり(介護予防)ポイント事業、圏域の経済成長のけん引に関する施策等、地域の安全性を高めながら、魅力的なまちをつくることに資する事業

ぜひとも、小郡市への応援をよろしくお願いいたします。

独自特典

10万円以上の寄附 ・市HPへの企業名、企業ロゴ、企業HPリンクを掲載
・市SNSで寄附いただいた旨を発信
・市広報紙へ企業名を掲載
・感謝状を贈呈
30万円以上の寄附 ・「10万円以上の寄附」の特典
・感謝状贈呈式を開催(地元報道機関へのプレスリリースあり)
・市長との意見交換の場を設定
プロジェクトの目標金額

プロジェクトの
目標金額
2,000,000

寄附のお申し込みには「寄附申出書」のご提出が必要になります。必要事項をご記入のうえ「寄附を申し込む」を押してください。

寄附を申し込む

※ 事前に顧問税理士に寄附可能金額をご確認のうえ、お申し込みください。

プロジェクトを立ち上げている地方公共団体 Municipality

小郡市(福岡県)

人がつながり 市民が躍動する温かみのある都市 おごおり

小郡市は、福岡県の南部、筑紫平野の北、佐賀県との県境に位置し、市の中央部を南北に貫流する宝満川を挟んで、西側に住宅地帯、東側に田園地帯が広がっています。
小郡市の歴史は古く、縄文期以降の三沢遺跡、花立山古墳をはじめとして数多くの遺跡、古墳...

「企業版ふるさと納税」制度を活用して、法人関係税の軽減効果のほか、地域貢献と企業PRに役立ててみませんか?

令和2年度の大幅な税制改正で関心が高まり、企業版ふるさと納税を活用する企業は年々増えています。法人関係税の軽減効果だけではなく、地域社会の新たな活力と地方公共団体との関係構築のきっかけに、ぜひ本ポータルサイトをご利用ください。