宇美町 (福岡県) 人と猫が幸せに暮らせる宇美町をめざして~地域猫活動で命をつなぐ~

プロジェクト概要

不幸な命を減らして人も猫も幸せなまちをめざして

 本プロジェクトは、飼い主のいない猫によるトラブルや不幸な命を減らし、将来的に人と猫が幸せに暮らすために、地域猫活動を推進していくものです。
 宇美町から将来的に飼い主のいない猫を少しでも減らすことができるようにプロジェクトの内容を考えました。

 「地域猫」とは「地域の理解と協力を得て、地域住民の認知と合意が得られている、特定の飼い主がいない猫」のことで、飼い主のいない勝手気ままな猫として放置された猫ではありません。
 地域には、猫が好きな人、無関心な人、苦手な人など様々な人が住んでいます。飼い主のいない猫を増やさないことで、生活環境の保全を図り、人と猫が幸せに暮らせるまちを目指して、「地域猫活動」を支援しています。

 宇美町では、地域猫活動グループの活動を支援するため、以下の補助を行い、地域猫活動グループと共働で「人と猫が幸せに暮らせるまちづくり」を進めていきます。
【プロジェクト内容】
①不妊去勢手術費用の補助
②譲渡に係るワクチン接種・ウイルス検査費用の補助
③飼養管理経費の補助
④その他地域猫活動に関する活動の支援

プロジェクト発足背景や地域課題

地域猫活動グループへの支援の充実

 宇美町では、現在 町内23の地域において地域猫活動が実施されています。これまで、宇美町では地域猫活動グループに対し、不妊去勢手術費の支援を行ってきましたが、活動費用等の支援がまだまだ充分でない現状があります。
 そこで、令和5年度から、宇美町独自の支援として、地域猫の譲渡に係るワクチン接種・ウイルス検査費用、飼養管理経費の一部を補助対象とした新たな活動支援を開始します。

 一代限りの生を全うさせ、将来的に地域から飼い主のいない猫を少しでも減らしていくことで、不幸な猫や望まれない猫をゼロにできるよう、地域猫活動グループを全力で応援します。

寄附企業と取り組みたいこと

宇美町からのメッセージ

 当町のページをご覧いただきありがとうございます。
 宇美町ではこれまでも、限りある財源を工夫して活用し、地域猫活動グループと共働で「地域猫活動」を推進してきました。
 令和5年度からは、「人と猫が幸せに暮らせるまちづくり」に向けた、「地域猫活動」をさらに進めていくため、これまで行ってきた不妊去勢手術費の補助に係る取り組み以外にも、宇美町独自に地域猫活動グループのさまざまな取り組みに対する補助や支援を行っていきます。
 今後も地域猫活動グループや町の皆さんと一緒に知恵と力を合わせ、共働で「人と猫が幸せに暮らせるまちづくり」を目指していきますが、企業の皆様のご支援をいただくことで、更に事業が充実し、飼い主のいない猫や不幸な猫、望まれない猫を少しでも減らし、「人と猫が幸せに暮らせるまちづくり」に繋がります。
 企業の皆様の温かいご支援のほど、よろしくお願いいたします。

独自特典

10万円以上のご寄附 ・町HP、広報への掲載
・感謝状の贈呈
100万円以上のご寄附 ・町HP、広報への掲載
・感謝状贈呈式の開催
プロジェクトの目標金額

プロジェクトの
目標金額
2,000,000

寄附のお申し込みには「寄附申出書」のご提出が必要になります。必要事項をご記入のうえ「寄附を申し込む」を押してください。

寄附を申し込む

※ 事前に顧問税理士に寄附可能金額をご確認のうえ、お申し込みください。

プロジェクトを立ち上げている地方公共団体 Municipality

宇美町 (福岡県)

「このまちが、いい。」わたしたちの誇り 宇美

宇美町は福岡県の糟屋郡に位置する人口約37,000人の町で、全国的に安産祈願で有名な「宇美八幡宮」が町の中心にあります。
 宇美八幡宮は古事記や日本書紀によると神功皇后が応神天皇を出産された地を「宇美(産み)」と呼ぶようになったという記述...

「企業版ふるさと納税」制度を活用して、法人関係税の軽減効果のほか、地域貢献と企業PRに役立ててみませんか?

令和2年度の大幅な税制改正で関心が高まり、企業版ふるさと納税を活用する企業は年々増えています。法人関係税の軽減効果だけではなく、地域社会の新たな活力と地方公共団体との関係構築のきっかけに、ぜひ本ポータルサイトをご利用ください。